« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水曜日)

ぐーちゃん、おかえり。

今日は、ぐ~ちゃんの退院予定日。

どっちにしても、退院は午後からだとのことで、お迎えの前に電話してくださいと言われていたので、
午後の診察開始の13時ぴったりに電話をしましたbleah

ぐ~ちゃんは順調そのものなので、退院OKが出ましたgood

んがっ、先生の「ぐ~ちゃんはおとなしいから、ワチャワチャしませんよね?び~ちゃんと一緒にとか・・・」

と、言われて、少し心配になったけど(汗)

でも、きっと、ぐ~ちゃんはエリザベスカラーをして帰ってくるだろうから

(病院では、面会時だけ外して会わせてくれていました。それだけじゃなくて、必ずタオルで拭いてくれてブラッシングもして、入院中なのにいつも良い匂いだったんだよ)

カラーしたワンコが怖いび~ちゃん(カラーしたシーズーに追いかけられて逃げ惑うび~)なら大丈夫かな?とも思ったりcatface

ココアとぐ~ちゃんは、絡まないからねcatface

人間の子らもいるし、家は階段を上らないといけないし、

安静には、程遠いような我が家だけど、、、

でも、病院へ行くと、診察室の向こうのぐ~ちゃんは私に気づいて、扉の下からフ~ゴフゴすごい鼻息だし、ピィピィ泣くし、、

やっぱり、お家に帰りたいよね!!

ってことで、見るに見かねた先生も帰ってよろしい!と言ってくれました。

これからの生活の説明もきっちり受けて、
入院費も払って(保険が利いて、104,000円だよ!十分安いよね!!)

パラボラぐ~ちゃんと、お家に帰るぞ~~!!

っと、車の中で、パラボラひっかかって変な格好で固まってるし(汗)

先生と看護師さんに笑われ見送られたのでした。

ほんとにほんとに、ぐ~ちゃんの命を助けていただいて、良くしていただいて、
感謝の気持ちでいっぱいですshine

家に着いて、玄関を開けると、び~ちゃんが居ました。

ぐ~ちゃんの姿に恐れ驚いて、かと思ったのに、意外に普通で、

ぐ~ちゃんだよね?と確認するかのように、お尻の匂いを嗅ぎまくり、チューkissmarkしてましたheart01

び~ちゃんからじゃなく、ぐ~ちゃんからだったけどsweat01

ココアも、特に変わらず。

こんなもんかよgawk

ぐ~ちゃんのご飯は、一日に5回に分けることになっています。
家に到着後は興奮しているだろうから、次のご飯&お水まで2時間置かなくてはなりません。

とにかく安静安静。。

Dvc00065_2

久しぶりの我が家はどうだい? それより飯ってか??

そろそろご飯の準備をしとこうかな~っと、支度を始めたら、、
ビグコ大騒ぎ!

ぐ~ちゃんもいつも通りの催促のワンワンに、嬉しいけど、安静安静!!

あ~~~、、気を使うねぇcoldsweats01

ご飯は、フードをドロドロにしてくれればいいですって言われたんだけど、我が家はフードじゃないし、
玄米粥にしようと思ったけど、栄養面が不安だし、

なので、病院で食べてた缶詰を買って帰ってきました。

Dvc00067_2

1缶を4分の3づつ、5回に分けて食べます。 水でドロドロ~~~(美味しくなさそ~~sweat02

これも、一気には食べさせません。

少し食べたら取り上げ、またあげて、取り上げて、って、ゆっくり食べさせます。

ぐ~ちゃん、ものすごいガッツキっぷりだったけど、ちゃんと分けて食べれたよ~delicious

次は、4時間後だよ、我慢してね、ぐ~ちゃんbearing

び~コもついでに、ぐ~ちゃんと少なめの夕飯を食べたから、後で、また少しあげるよ~。

夕飯終わって1時間近く経つけど、異常無いよgood

このまま、何事も無く過ごせますようにshine

| | コメント (2)

2009年9月29日 (火曜日)

動くぐ~ちゃん

| | コメント (2)

術後2日目のぐーちゃん。

今日も 朝10時頃に、ぐーちゃんの面会に行って来ましたよhappy01

待合室で待っていると、ぐ~ちゃんの「ワンnote」が聞こえたんだよ!

術後初めての、ワンだったから、ママは嬉しかったよ~(涙)

看護師さんも、「ねぇ~、昨日から泣くんですよ~ お腹空いたって言うのかな~、笑」って言ってたし。

お喋りぐ~ちゃんだもんねwink

術後2日目のぐーちゃん。

昨日よりまた元気がパワーUPしていて、先生を引きづりながら登場して、
明らかに、動きにキレがあったよ、ぐ~ちゃんshine

少しだけ、お水を飲んでみましょうってことで・・・

Dvc00060_2


少しづつ、何度かに分けて飲んだよ。

なんだ、水かよgawkって感じでもあったけど。

30分様子を見ていたんだけど、吐く様子もないので、午後から流動食を少しだけ食べれることが決定になったよ!

よかったね、ぐ~ちゃんheart02

日を追うごとに、ぐ~ちゃんが連れて帰ってくれるんじゃないかって、期待が大きくなっているようだったので、名残惜しいけど、帰ることにしたよ。

そんなこともあって、夕方の面会は、どうしようか悩んで・・・

まず、病院に電話をして様子を聞いたよ。

先生が

「状態もいいので、流動食を少しあげたら、もちろんガツガツ食べて、吐くこともなく調子がいいですよ~。また、後で、2回に分けて少しづつあげてみて、様子を見て、

明日、点滴を外して検査をして、OKなら午後に退院と考えてます。ぐ~ちゃん元気ですよ~note

と言ってくださったので、今日は夕方の面会はやめておくことにしたよ(涙)

明日、帰ってこれるもんね!!

明日、お迎え行くからね、ぐ~ちゃんheart04

そうそう・・・びーコだけどね、、、ぐ~ちゃんが居ないと探すこともなく、寂しがることも無く、

まったく普通だよcrying

明日、感動の再会ってなるのかな?(汗)

| | コメント (0)

2009年9月28日 (月曜日)

手術。

冷静と言いながらも、実は、心臓バクバクで、突然泣きそうになったりしていた私。

でも、私しか居なかった。

パパはフィリピンへ旅行中(いちお仕事関係)だったから。

居てもなんの役にも立たないだろうが(爆)

てか、居たほうがもっと私がしっかりしなきゃ!って疲れてたでしょう、汗。

でも、独りじゃない。

舘山寺に、強い味方がいた(笑)

すぐに電話して、電話が出来ないときは、メールを一方的に送り続けた(もちろん返事くれるよ)

大丈夫って、いつもの穏やかな口調で言い切ってくれたから、すごく心強かったよ!!

病院に戻って、しばらくすると、先生が「今から、酸素を換えますね」とおっしゃる。

手術室は、扉の真ん中が透明になっていて、誰でも覗けちゃうのよ。

覗くと、ぐ~ちゃんが管から出てくる酸素を吸っていた。

酸素バーの客みたいだった(爆)

そして、麻酔へと入っていった。

あっとゆ~間に、ぐ~ちゃんは手術代の上で、蛙がひっくり返った状態になって、お腹の毛を剃られていたのでした。

そして、開腹後、私も中に呼ばれて、ぐ~ちゃんのお腹の中見ちゃったよ~~!!

パンパンの胃に注射針が刺さってた。

胃の色は、でも、結構ピンクだったよ。

脾臓は、あんまりいい色じゃなかったけど。

では、いまから整復するので、また呼びますねと、部屋を出たのです。

整腹後、呼ばれて、見てみると、胃はきれいなピンクになっていて、

脾臓も赤みがかってたし、血管も壊れていない様子だったよ。

捻じりも簡単に治せたそうです。

胃を固定してから閉腹しますと言われて、部屋を出ました。

ここまでの時間は、

9時過ぎに病院到着。

10時過ぎに診察。

12時40分頃、麻酔。

13時15分頃、開腹。

14時頃、整復完了。

15時半頃に手術終了って感じです。

麻酔から覚めるのが、すっごい速くて驚いたよ。

朦朧としながらも、お家に帰ろうと思ったのか、何度も立とうとするので困っちゃった。

ぐ~ちゃんをお願いして、病院を出たのが、16時過ぎでした。

なにかあったら、電話しますので、ってことだったから、

携帯を握りしめながら、眠れぬ夜を過ごしたのでした。

朝になっても、電話が来なくて、一安心(涙)

子供たちを学校に出し、び~コに朝ごはんをあげ、

10時に面会に行ってきました。

あたしのイメージでは、ゲージの中に横たわっていて、私を見て体を起こし喜ぶぐ~ちゃんって思ってたんだけど。。。

実際には、先生を引っ張りながら登場し、私を見つけるなり、走っちゃったぐ~ちゃんでした、汗。

診察室で、先生の説明を受けながらの面会でした。

経過良好で、血液検査も問題なく、胃の動きもいいし、脾臓にもしっかり血液は流れてるし、順調だって♪

まだ楽観はできないけど、まず、大丈夫でしょうって♪

だって、ぐ~ちゃん、お腹が空いてきちゃって、他のお泊りの子の食事の支度に敏感になってるそうだから(絶食のぐ~ちゃんには酷だよね)

お腹すくのは元気な証拠。

生きようって証拠だよね~~!

先生はゆっくりしてってくださいと言ってくれたけど、ぐ~ちゃんが疲れちゃうと困るし、

夕方また来ますって、後ろ髪ひかれながら帰ってきたよ(涙)

ちょっと安心したので、2時間ばかり眠れました。

そして、17時頃、娘ズと面会に。

ぐ~ちゃん元気に登場して、オシッコしたいだろうから、病院の周りを散歩してきてくださいと言われて、お散歩へ。

なんと、手術当日の夜もお散歩したんだってよ~!

Dvc00051

オシッコがお手手にかかりまくってるよ(汗)

Dvc00053

オシッコ出たし、帰ろうよ!な、ぐ~ちゃん(汗)

この後、しばらく、診察室で、娘ズに揉みくちゃにされた、ぐ~ちゃん(涙)

Dvc00058

お腹減ったな~って、元気は朝よりも降下しておりました(汗)

このまま順調にいけば(いくけどっ)、明日の夕飯から流動食を食べれて、

明後日出るもの出たら、退院だって♪

もう少し頑張って、ぐ~ちゃん!!

| | コメント (6)

それは突然に。

ブログ再開に、こんなネタはヤだったなぁ。。。

が、書きます。

9月27日(日曜日)

ぐ~ちゃんが、胃捻転で緊急手術しました。

手術は無事終わり、経過良好、すべて順調です!

Dvc00050

(9/28(月) 朝10時の面会時のぐ~ちゃんです)

9月26日(土曜日)

じるまま&じっくんの帰省(じるまま実家→自宅)の際、エリン舎に寄るということで、
久しぶりのエリン舎を訪れたのです。

どんぐらいぶりかって、び~ぐ~がエリン舎の場所を忘れてたぐらいだよ(汗)
いつもは、浜松西インターを降りたら吠えて、エリン舎が近づくにつれ、興奮はMAXになるのに、
あたしが車から降りて、エリン舎の門を開けるまで、シーンとしてたぐらいだよ(汗)

楽しく遊んで(その様子は、きっとじるままがそのうちアップするよね、爆)
家に帰ってきたのが、18時半頃。

すぐに、ビグコのご飯をあげて
いつもは、早くて21時、遅くて23時に、夜のトイレタイムにお家ランへ出すんだけど、
この日は、21時前に、ぐ~ちゃんがトイレに行きたいアピールしたんだよ。

このときは、特に変わった様子も無く。

23時頃だったと思うんだけど、ねぇねが、「ぐ~ちゃんが立ったり座ったりするときに、キュンキュン泣くよ」と言うので、

ぐ~ちゃんに立ったり座ったりをさせたけど、泣かなかったし、その後もおかしな様子はなかった。

このときから、なにか、ぐ~ちゃんの体に異変があったのかもしれない。。

夜中も何度か起きたけど、ぐ~ちゃんに特に変わった様子も無かった。

9月27日(日)

朝も元気に、娘らの寝込みを襲っていたし、

朝のトイレに行くときも、いつものように、ワンワン言いながら階段を降りて、
家ランへ行って、オシッコだけをして、水は飲んだけど、異常に飲みたがるわけでもなく、
早くお家へ入ってご飯食べようよ~!って、あたしに言ってくるぐらい元気だったし。

ひとつだけ気になったのが、
いつも、ぐ~ちゃんウンチして~って言い続けてると、してくれるんだけど、

このときは、ウンチポーズしたかな~と思うと、そのまま座りこんじゃったのが気になったんだよね。

朝8時半頃、ご飯を準備してる時も、いつもと同じにワンワン催促して、いつものように平らげ、いつものようにいつまでも器を舐めて、、ご飯食べてすぐに異変は起きたの。

私は娘らの朝ごはんを用意してたんだけど、

ぐ~ちゃんが、あっちの部屋に走ってったかと思うと戻ってきて、座ったかと思うと、また移動して寝てを繰り返しだしたのが、妙に気になった。

でも、娘らが食べてるパンを狙いに来たりするので、気のせい?と思ったけど、
やっぱり、なんか変だ。

なんとなくだけど、このときに、胃捻転じゃないかな?と思った。

お腹を触っても、なにしろご飯食べたばかりだし、膨れてる?って感じのお腹で、び~ちゃんのお腹を触ってみたけど、び~ちゃんのほうが膨れてるようだし(爆)

お腹をぎゅ~っとしても、痛がらなかったし。

吐く様子もまったくなかった。

よだれダラダラでもないし、見た感じは至っていつもと変わらないぐ~ちゃんだったけど、
それでもすぐに病院へ行こうと、バッグを持って、ぐ~ちゃんと外へ出た。

というのも、実は、この日の午後から、私は東京へコンサートに行く予定だったの。

何も無いならこしたことはないんだから、とにかく出かける前に、病院へ行っておこう!と思った。

これが、結果良かったと思う。

出かける用事がなかったら、ちょっと様子見てからでいいやってなってたかもしれない。

車に乗る前に、家ランでウンチさせようと思ったら、やっぱり座っちゃうし、

このときに、歩きながら、小さくキュンキュン泣いたの。

これが、昨夜のやつか!と思って、やっぱり変だと思った。

車に自力で乗って、病院に着いて待つこと、1時間近く経ってしまった。

お腹が膨れてるとか、吐こうとするけど吐けないとか、胃捻転を象徴する症状がまったく出てなかったので、急病です!!って言えなかったんだよね。。
もっと早く診てもらいたかったな、今さらだけど。。

この待ち時間のぐ~ちゃんの様子は、家に居る時ほどウロウロすることはなかった。

いつも病院へ来ると、来る人・ワンコに挨拶しに行くんだけど、この日は横目で見るだけで、伏せしたままだったから、やっぱり切なかったんだよね(涙)

ウンチを昨夜もしてなかったから、もしかしてフン詰まりかも!?と、出るかな?と思って、病院の外をウロウロしたら、普通に良いウンチが出たよ。

診察室に入って、「いつもと行動が違うんです」これしか言えなかった。

先生がまず触診して、もちろんお腹も触って、ちょっと一部分が張ってるかな・・って感じ。

キュンキュン泣くのは、ヘルニアに多いですけどねぇ・・なんて。

先生に、胃捻転かと思ったから焦ってしまって~って言ったら、

「捻転では無いな~、、ご飯も食べたんだし、吐いてないんですよね?胃捻転だったら、大変ですよぉ~」なんて、このときは呑気な会話をしちゃってたもんだったわ、汗。

次にエコーで見てたけど、別に・・・って感じ。

もしかして、また靴下飲んじゃたかもしれないから(常習犯だし)、念のためレントゲン撮りましょう、その前にじゃあ、血液検査もしちゃおうか、って。

これまた、靴下飲んじゃう常習犯でよかったんだよ!(笑)
それがなかったら、レントゲン撮ってたかわかんないよ、血液検査、まったく異常なかったからね。

レントゲン撮って、すぐに呼ばれて、

先生が慌てて、「やっぱり捻転起きちゃってました」って。

私は、やっぱりねって、意外と冷静でした。

冷静ってゆ~か、とにかく早く手術してもらって、なんとかしなきゃ!って思ったし、

どこからくるのか、大丈夫な自信があったから。

だって、目の前のぐ~ちゃんは、ちょっとソワソワしてるけど、元気なんだもん!!

すぐに、もう一度血液検査のために血を採られ、手術前に体調を整える点滴をされることになった、ぐ~ちゃん。

私は、ぐ~ちゃんを抱き締めて、「いい?ママんとこ戻ってくるんだからね、わかったね」大丈夫だよって撫でてあげるしかできない、不甲斐ないママでした。

1時間後に手術になるので、ぐ~ちゃんを先生&スタッフの方に託し、

とりあえず、家に戻って、すぐに病院へ戻ったのでした。

続く。

| | コメント (0)

« 2009年3月 | トップページ | 2009年10月 »